2007年2月 5日 (月)

16番模型車両紹介!

昨年の12月より、ふと魔が差して?!、16番ゲージにはまりだしました。 16番ゲージとは、HOゲージ(軌間16mm)のレール上に縮尺1/80の車体を走らせる鉄道模型のジャンルです。以前はブラスモデルしかなく、恐ろしく高価なものでしたが、最近は性能・ディティールともにすばらしいプラスチック製モデルがたくさんでてきて、私のような平民にも手が出せる代物になってきました。 そんなわけで、この2ヶ月で収集してしまった車両の紹介です。

Dsc00030

最初に購入したのはTOMIXの115系1000番代。つい最近まで身近に走っていた電車です。

Dsc00030

天賞堂製 キハ20。 上段は一般色、下段は旧色。映画「フラガール」に出演した茨城交通のキハ205に一目ぼれし前者を、さらに青春18切符で茨城交通へ実車を見学しに行った際に遭遇したキハ222にこれまた一目ぼれし、同じカラーリングの後者をそれぞれヤフオクにてゲット。

3102_1

客車はKATOのスハ43、横浜の中古模型店でジャンクとして売られていたものをゲット。機関車は安達製作所のキットの完成品、三井三池20tB凸電機。両国の中古屋さんでやはり一目ぼれして購入。

Dsc00029

KATOのトラ45000とワム90000にKadeeカプラー#5を装着。遅延開放用のマグネットをレールに置けば、手放しで連結したり開放したり、といった遊びができるようになりました。 そんなわけで、しばらくハマッてみたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)